Discography

2019年

楽曲配信

2019/05/11より

The ABEE楽曲

「Wind (2019 Mix)」1年間限定で配信リリース!!

配信開始日から約1年間の期間限定で、各オンラインショップ・ストアにて販売・配信致します!!

◇ iTunes  にて販売・配信開始!

○ Apple Musicでも配信開始!

Amazon にてリリース!!


2018年

The ABEE(ジ・エイビー)オリジナル楽曲

GIRL (作詞/作曲…The ABEE) スタジオ音源

ネット内レーベル:The ABEE MUSIC(ジ・エイビー ミュージック)より

The ABEEオリジナル楽曲「GIRL (作詞/作曲…The ABEE)」スタジオ音源を各音楽配信サイト・オンラインストアにて販売・配信しております!!

iTunesApple Musicにて配信・購入可能!

iTunesにて¥200で販売開始!Apple Music¥200で購入可能です!

Apple関連では、Apple Musicのアプリからでも購入・視聴が可能となっております!

iTunes・Apple Musicのサイトやアプリ内で

「The ABEE」のワードで検索していただきますと

GIRL -Single

The ABEE

の楽曲がヒットしますので、

宜しければThe ABEEのオリジナル楽曲

是非お手にとってみて下さい!

AmazonにてThe ABEE楽曲「GIRL」が¥200で購入可能!!

・ Amazon Music Unlimited にて、楽曲「GIRL」を視聴する事も可能です!https://web.archive.org/web/20191214071601if_/https://music.amazon.co.jp/embed/B079BVVYSB/?id=nVCef1EjDd&marketplaceId=A1VC38T7YXB528&musicTerritory=JP

Google Play Musicも楽曲「GIRL」配信・購入可能!!

LINE MUSICにて配信・視聴可能!

LINE MUSICにて配信も開始しております!!

LINE MUSICをご利用されている方は是非!

Spotifyにて楽曲配信!!

音楽ストリーミング配信サービスSpotifyでも配信を開始しております!! ご利用されている方は、The ABEE(ジ・エイビー)オリジナル楽曲「GIRL」を是非お聴き下さいませ!

The ABEEの楽曲「GIRL」を配信・販売しております音楽配信サイトやオンラインストアはまだまだ沢山ございますが…他にもmoraやレコチョクなどでも購入は可能です!1曲¥200で購入・ダウンロードが可能ですので、まだThe ABEEの音楽を聴いた事がない方は、これを機にぜひ音源をお手にとってみて下さいませ!

宜しくお願い致します!

The ABEE 楽曲

Immorality (作詞/作曲…The ABEE) スタジオ音源

各種音楽配信ストアにて配信開始!!

iTunesにて¥200で販売開始!Apple Music¥200で購入可能!

(リンク先から詳細に移動出来ます)

Amazon.com でも配信!!¥200で購入可能です!

LINE MUSIC 

Spotify 

Google Play Music 

のコンテンツでも配信・購入可能!!


CD

2018年

<収録曲>

1. Immorality (作詞/作曲…The ABEE)
Personnel
・Vocal.The ABEE
・Acoustic Guitar.The ABEE
・Electric Bass.The ABEE
・Drums.The ABEE
・Support Lead Guitar…Yuuki Shimizu
編曲…The ABEE
ミックス/マスタリング…The ABEE

2. Immorality(…Before Completion Ver.)-Raw Drum Loop Mix-

楽曲「Immorality」のBefore Completion(完成前) Demo versionを
自身で演奏した生ドラムのトラックをループして、
The ABEE(ジ・エイビー)一人でRemixしたヴァージョンです。
歌詞は原曲とは異なり、敢えて初期のヴァージョンのボーカルトラックを用いて
リミックスしております。

※2曲目のリミックスver.はSoundCloudでも視聴可能です。

3. View -Live 2018_0318

(作詞/作曲…The ABEE)

※原曲バンドサウンドversionでライブを行った時のライブ音源です。

4. GIRL -Live 2018_0318

(作詞/作曲…The ABEE)

※3曲目と同じく、原曲バンドサウンドver.でライブを行った時のライブ音源です。


2017年

The ABEE Demo CD

羽~Feather~

羽~Feather~

<収録曲>

1.羽~Feather~ [作詞/作曲・編曲…The ABEE]

Vocal.Rhythm Guitar.Bass.Drum. …The ABEE

Support Lead Guitar…清水悠希

2.View-Acoustic ver.-

(Live 2017/9/11)

[作詞/作曲…The ABEE]

Vocal/Guitar…The ABEE

Support Lead Guitar…清水悠希

3.GIRL~Acoustic ver.~

(Live 2017/9/11)

[作詞/作曲…The ABEE]

Vocal/Guitar…The ABEE

Support Lead Guitar…清水悠希

・歌詞カード付き

ライブ会場にて¥500で販売。

The ABEE デモ音源-2017 Mix-

The ABEE デモ音源-2017 Mix-

<収録曲>

1.GIRL-2017 Mix-

[作詞/作曲・編曲・演奏…The ABEE]

2.ENTRANCE-2017 Mix-

[作詞/作曲・編曲・演奏…The ABEE]

3.LATIR(ラティール)-2017 Mix-

[作詞/作曲・編曲・演奏…The ABEE]

・歌詞カード付き

ライブ会場にて¥500で販売。

Japanese Sapporo Singer Song Writer

The ABEE(ジ・エイビー)の音楽にまだ触れていない方々に向けて…15年のDemo音源を廃盤にし、

現在のThe ABEEの歌声と技術で

今年2017年に新たなボーカルテイク・

新たにミックス・マスタリングし直した

2017年Mixのデモ音源のCDをライブ会場の物販にて販売。

作詞・作曲、楽曲の編曲・全ての楽器演奏、

ミキシング・マスタリング作業は

全てシンガーソングライター

The ABEE(ジ・エイビー)の手によって行われた

完全自主制作のCDとなっている。

2017年6月17日から販売。

まだThe ABEE(ジ・エイビー)の音楽に触れた事がない方は是非!

2016年


The ABEE デモ音源

Wind

Wind

<収録曲>

1、Wind [作詞/作曲・編曲…The ABEE]

Vocal.Rhythm Guitar.Bass.Drum. …The ABEE

Support Lead Guitar…清水悠希

2、ENTRANCE-Shallow Quickly mix-

[作詞/作曲・編曲…The ABEE]

3、GIRL~Acoustic+α Version~ [作詞/作曲…The ABEE] Live (2016/11/15 UNION FIELD)

歌詞カード付き

ライブ会場にて¥300で販売。

ザ・エイビー:ザ・コンプリート・ディスコグラフィー

ABEEは非常に情熱的なアーティストです。自分の技術とスタイルを完璧にするために引き込まれ、彼は音楽を作り、録音し、観客に評価してもらえるように演奏し続けています。彼の音楽への情熱は、彼の才能をレコーディングセッションのための楽器演奏にも活かしています。このように、彼は同時に彼の音楽性と創造性を証明することができます。

これで、人々は、ABEEのディスコグラフィーや彼が長年にわたって行っていたすべての音楽の完全なリストについて十分に好奇心を持っているかもしれません。若い頃から音楽好きだったにもかかわらず、彼は2016年に音楽のキャリアを開始しました。

ポップスを得意としながらも、キャッチーな曲からマニアックな曲まで、幅広いジャンルの音楽を作り、演奏することができる。エレアコや自作のバンド伴奏でのライブでは、その情熱と音楽性に多くの人が感銘を受ける。

ディスコグラフィー

The ABEEの印象的なところは、音楽に対する頭脳だけではなく、ステージ上で自分の才能を表現する自信があることです。他の偉大な音楽家がステージに恐怖心を抱くのに対し、The ABEEにはそれがない。実際、彼は自分のやっていることに誇りを持っていて、それを誇りに思って演奏しています。

実際、彼は見ている人の心を掴むことができる素晴らしいパフォーマーなのです。ポップスが好きだからこそ、自分の好きなことを演奏することができるし、できる限りのことをしている。

ソロアーティストとしてのライブ活動だけでなく、レコーディングアーティストとしても活動しています。それにより、彼はいくつかのシングルやアルバムを制作することができ、それは彼が最も誇りに思っていることです。それに伴い、ここでは、あなたが知りたいと思うかもしれない完全な詳細とThe ABEEの完全なディスコグラフィーをご紹介します。

2016

初のデモCDをリリースしたのはこの年だった。このCDには3曲が収録されており、その内容は以下の通り。このCDのファンは、コンサートで300円で販売されている歌詞カードを買うのもいいかもしれません。

  1. 風(a.m.

The ABEE自身が作詞・作曲・編曲を担当したシングル。ボーカル、リズムギター、ベース、ドラムも一人で担当した。一方、リードギターのサポートには清水勇樹に協力してもらった。

  1. 入り口~浅く素早く混ぜる 

このシングルは、The ABEE自身が作詞・作曲・編曲を担当。同様に、同曲のインストゥルメンタルも彼自身が手掛けている。

  1. 女の子  –  アコースティック・バージョン 

2016年11月15日にユニオンフィールドで行われたThe ABEEのライブで披露された曲。

2017 – 年~羽羽フェザー 

2017年には2枚のデモCDをリリース。1枚目は「HAWA-Feather」と題されており、その内容は以下の通りです。このデモCDには歌詞カードも付いていて、コンサートでは500円で販売されています。

  1. 羽羽羽(はわはわ 

このシングルは、The ABEE自身が作詞・作曲・編曲を担当。1枚目のデモCDと同様に、ボーカル、リズム、ベース、ドラムも全て彼自身が担当。今回もリードギターに清水勇樹のサポートを得ている。

  1. アコースティック・バージョンを見る 

繰り返しになりますが、この曲のレコーディング内容は前作と同じです。ABEEのファンがこの曲を初めて聞いたのは、2017年9月11日にライブで披露した時です。

  1. ガール~アコースティックバージョン 

2枚目のデモCDにも「Girl」を収録。この曲を少し変えてアップデートし、2017年9月11日にライブで再演した。他の曲と同様に、この曲の収録内容も同じである。

2017 – The ABEEデモ音源 – 2017 Mix 

2017年には、新たにミックスされたマスタリングのスタイルで新たなヴォーカル・テイクを持つことになったため、またもやデモCDをリリース。以前のデモCDと同様に、歌詞からインストゥルメンタルに至るまでの制作にも手を抜かずに取り組んでいる。

嬉しいことに、このCDは2017年6月17日より発売となった彼初の完全自主制作となった。この2017年MIXは、彼のライブ会場で販売されているもの。また、500円で販売中のリリックカードも付いています。

  1. ガール~2017年MIX 

昔のデモCDと同様に、昔の曲の新バージョンの作詞・作曲・編曲も担当。

  1. エントランス~2017年ミックス 

収録内容は上記と同じです。

  1. ラテール~2017年ミックス 

収録内容は上記と同じです。

2018年~デモCD 

2018年も4曲入りのデモCDをリリース。ここでは以下の通り。

  1. インモラル(背徳感 

この曲もThe ABEEが作詞・作曲・編曲を担当。ここでもボーカル、アコースティックギター、エレキベース、ドラム、シミズを担当。また、リードギターのアレンジを優木が担当した後、偶然にもミックスとマスタリングを担当している。

このバージョンはSoundcloudで公開されているものです。

  1. 不滅(完成前バージョン) – 生ドラムループミックス 

また、正式にリリースされた他のバージョンに比べ、歌詞が少しリミックスされている初のバージョンも公開された。このデモ・バージョンは、The ABEEが自ら丁寧に作業したライブ・トラックをループさせたもの。

  1. 視聴はこちら 

The ABEEが作詞・作曲したこの曲は、2018年3月18日のライブパフォーマンスバージョンでも聴けるかもしれないライブ音源を収録しています。

  1. ガール 

このCDに収録されているものは、2018年3月18日に行われた彼のライブ音源でもあります。

2018年 – ミオソティス 

2018年にはミニアルバム『ミオソティス』でカバヤシさんのサポートギタリストとして活動。かばやしさんの10曲入りアルバムでは、そのうち5曲は作詞作曲がかばやしさんであってもThe ABEEが担当しています。その5曲は以下の通り。

  • ルミナワルツ
  • 雨が降ったら
  • マミー
  • ハイジースカイまで 
  • 筋膜動物門 

2019 

2019年にはもう一つのシングルをリリース。

  1. 風(2019年MIX 

他の楽曲と同様に、この曲の制作にも彼が関わっている。しかし、このバージョンは2019年5月11日から期間限定で提供されたばかりなので、彼の初期のリリースとは少し違っている。

1年間のスパンで、このシングルはオンラインショップやiTunes、Apple Music、Amazonなどのプラットフォームの助けを借りて販売され、配信された。

ストリーミング・プラットフォーム

彼の音楽の傑作は、ステージ上だけでなく、ファンがいつでも好きな時に楽しむことができます。テクノロジーのおかげで、ファンはお気に入りの曲にアクセスしたり、個人的には見たことがない、あるいは見たことがないかもしれないThe ABEEのライブを再視聴することができるようになった。

彼がこれまでに作ってきた印象的な音楽を知った後、彼の音楽(アルバムとシングルの両方)への評価を注ぐことができる様々なストリーミング・プラットフォームを見てみよう。

  • アップルの音楽
  • アイチューンズ
  • スポティファイ
  • ユーチューブ
  • グーグルプレイ
  • サウンドクラウド
  • アマゾンプライムミュージック

彼の人気ヒット 

何度か再リリースしてきた「Girl」はThe ABEEの最高の曲となった。実際、彼の曲はいくつかのオンラインプラットフォームでストリーミングと販売の両方で利用できるようになった。ここでは、彼の曲がフィーチャーされたいくつかのプラットフォームを紹介しよう。

  • アップルミュージック
  • アイチューンズ
  • アマゾンプライムミュージック
  • グーグルミュージック 
  • ラインミュージック
  • モラ
  • レコチョク
  • スポティファイ

前述のほとんどのサイトで、「Girl」は200円で販売されていた。

キャリアのハイライト

彼のキャリアがいつピークを迎えたのか興味津々?さて、ここでは2018年にThe ABEEの音楽キャリアがどのように上昇したのか、簡単にピークを見ていきましょう。

1月に

  • かなりんのオリジナル曲として「Up to the Heezy Sky」のライブカバー映像が公開された。作曲クレジットはThe ABEEに所属していた。

3月

  • 彼の2018年アコースティック+エレクトリックライブダイジェストがYoutubeで公開された。
  • 彼のオリジナル曲「Feather」は、彼が作ったオリジナル曲バンドサウンドライブバージョンがSoundCloudで公開された。
  • 同月、Eggsにて「Ocean Syndrome」と題した彼の楽曲が公開された。

4月

  • もう1曲の「Immorality」も生ドラムループミックスバージョンでSoundCloudに公開された。
  • 同曲はYoutubeでもアコースティックライブバージョンと合わせて公開された。
  • もう一曲の「Entrance」はEggsで公開・配信された。

6月

  • 札幌ライラックライブに出演。

7月には

  • 歌手カリン・レコのライブ「光、音、空気」のサポートギタリストとして活動。
  • また、フルーツフォレストの1stミニアルバム「Myosotis」の一部をレコーディングした。

9月

  • DUCE札幌では「Entrance」という曲で出演。
  • また、他のアーティストのアルバムやシングルのアレンジにも携わる。

10月

  • 他にも、彼の曲「Immorality」「Later」のバージョンがSoundCloudで公開されている。
  • サッポロファクトリー平日ライブに出演。

11月

  • 彼の歌とCDがネット販売プラットフォームで販売されるようになる。

12月

  • 彼のライブ会場でのCD販売を開始。

The ABEEについてもっと知りたい方は、このサイトで最新情報をチェックしたり、彼のソーシャルメディアのアカウントで新曲や作曲を見ることができます。