未だ予断を許さない状況ですが…みなさん、大丈夫ですか?ご無事ですか…?

こんにちは。

9/6の地震、あれから3日ほど経ちましたが(もう少しで4日目になろうとしておりますが)

…みなさんご無事ですか?

 

6日の木曜日明朝、突然襲ってきた激しい揺れの地震。

多くの人々が眠りについている時間帯の突然の地震、

発生から何分か経っての停電。

ライフラインが断たれてしまった状態。

電気だけではなく、地域や場所によっては水道やガスも

使えない状態…

 

電車や地下鉄・バスなどの交通機関が動いていない状況での自宅待機。

買わなければいけない分の水や食料を買うためにお店に並び・買い出しを行う。

電気は通っておらず、災害情報を確認するためのスマホの電源の確保。

手元に残っている充電器での充電、次第に悪くなっていく電波。

電気の復旧まで、限りある資源で生きるためにはどのようにやっていけば良いのか…

日が暮れた時、夜になった時の明かりはどのように灯すべきなのか…

 

あの日、地震が起こったあと、動きながら様々な事を考えながら・様々な感情が入り混じり合いながらも生きるために誰もが必死になっていた。

自然の猛威を実感しながら、みんな必死に生きるために過ごしていた。

そしてまだそれは終わってはいない。

 

電気が復旧し、電波が回復した時は嬉しくてたまらない気持ちがあったと同時に

またいつ電気が消えてもおかしくはない状況であるというシビアな気持ちもあった。

 

6日からもう3~4日経ちましたが…

正直なところ、依然としてまだまだ油断ならない状況であるという事実に変わりはありません。特に余震。

油断せず、常に気をつけなければいけない…という状況です。

災害に関する情報は、ネット上に飛び交う情報は何が真実で何が本当なのかを見分ける判断をしなければいけないものが多くて(特にSNS上で)、多方面に飛び交っている情報を冷静に見分ける力も必要だと改めて実感致しました。

少なくとも9/6に地震が起こって以降は

今後一週間程度は油断せずに気をつけて過ごして行かなければいけないという状況ではあります(特に余震に注意する等)。

現在も油断ならない状況の中で…大変な状況の中でレジを打って下さったコンビニの店員さん・ドラッグストアやホームセンター、家電量販店のお店の従業員の方々、地震に関する対策を全力で行って下さった役所や自治体の方々、電気の復旧作業に尽力して下さった電力会社の作業員の方々、救助・救命に尽力している消防の方々・医療関係の方々、地震の被害が大きい地域で現在も救助活動・救援活動に尽力している自衛隊の方々…

本当に感謝の気持ちでいっぱいで…

本当に、本当にありがとうございます。

今回の地震、自然の猛威というものに圧倒されて、

言葉じゃ上手く言い表せない位の様々な感情が渦巻いている気持ちではございますが…家族や親戚・大事な人に大切な仲間とのやりとりを通じて、心の中に巣食う不安や孤独という恐怖を乗り越えて行く事の大切さを改めて知る事ができて、

そして何が起こっても現実と立ち向かうための勇気が必要であるという事を心で理解して感じとる事ができました。

今回は…音楽の事ではなくて、大きな地震を体感してしまった一人の人間として

いまの現状や近況・考えている事など

書ける範囲で書かせていただきました。

現在決まっている今後のライブに関しては

状況が状況ですので…現状まだ分かりかねる状況ではございますので、

分かり次第随時ご報告させていただく形になります。

私も音楽をする者以前に、一人の人でございますので…

地震の揺れを体感し、ライフラインの一部が断たれ…限りある資源の中で、復旧までどのようにして生き延びるべきかという事に葛藤したあの日、北海道に住んでいる方々と同じ状況であったと同時に

現在も余震や自然災害の危機と向き合わなければいけない日々です。

 

今週からいつも通りの日常がはじまりますが…

今週一週間も、まだまだ予断を許さない状況ですので

気をつけて日常を過ごして行きたいと考えております。

地震、本当に大変な状況ではあるけれども…多くの方々が無事である事を願って、

そして少しでも、いつもの温かくて幸せな日々を再び過ごせるように、

無理のない範囲で…今の現状に負けないように生きていかなければ

と強く考えております。

それでは。