Home Page

The ABEE (ジ・エイビー)-Official Web Site-

The ABEE

公式ウェブサイト

ソロで音楽活動中のJapanese札幌シンガーソングライター

The ABEE(ジ・エイビー)の公式ホームページです。

◇当サイトではシンガーソングライターThe ABEE(ジ・エイビー)の Live情報・動画・オリジナル楽曲の音源 等…The ABEEの音楽活動に関する情報をコチラの公式ウェブサイトにて発信しております。

New LIVE Video…YouTubeにて公開中!

LABEL

The ABEE MUSIC

各音楽配信サイトにて The ABEE(ジ・エイビー)

オリジナル楽曲リリース!

正式に配信・販売開始!!

◇2019/05/11より

The ABEE楽曲「Wind (2019 Mix)」リリース!!

配信開始日から約1年間の期間限定で、各オンラインショップ・ストアにて販売・配信致します!!

◇ Apple Music にて配信開始!

Amazon にてリリース!!

再生数1,300回突破、ありがとうございます!!

●「Immorality」各オンラインストアにて配信中!

iTunesにて¥200で販売開始!Apple Music¥200で購入可能!

(リンク先から詳細に移動出来ます)https://web.archive.org/web/20200104174416if_/https://embed.music.apple.com/jp/album/immorality-single/1441185723

Amazon.com でも配信!!¥200で購入可能です!

※amazon musicでも視聴可能!

LINE MUSIC 

Spotify

でも配信しております!!

GIRLも配信中! 宜しくお願い致します!

Amazon.com にて¥200で購入可能!又は Amazon Music Unlimited にて

視聴可能!

The ABEE Official Site 公式ブログ↓

The ABEE Official Blog動画公開と今後のライブ活動方針に関して12月 23日

こんにちは!

The ABEEです!

先月YouTubeにて以下の動画を公開致しまして、

【The ABEE Live Videos更新…!】
ENTRANCE-Acoustic+Electric Ver.-(with Lyrics)010925
続きは下記URLにて↓↓https://t.co/bAXvFFeR3V#theabee #YouTube #Information pic.twitter.com/ricFqJ1YDT— The ABEE(ジ・エイビー) (@abee_music) November 4, 2019

The ABEE楽曲 「ENTRANCE (Lyrics/Music…The ABEE)」 Live Video
Acoustic+Electric version
2019/09/25 Live in SPiCE
※歌詞付き#theabee #YouTube #live #video #view #lyrics #歌詞 pic.twitter.com/Ca2DimipBY— The ABEE(ジ・エイビー) (@abee_music) November 5, 2019

本日はThe ABEEから2019年の締め括りと、

今後の2020年に向けての活動方針に関してお伝えさせていただきます!!

The ABEE、自身のソロ活動でのライブ活動を大幅に縮小させていただきます!

今後のThe ABEEは、自身のソロ活動での

ライブ会場でのライブは基本的に行いません!!

仮にもしあるとしましたら、

ネット配信、

YouTubeやSNS等のネットコンテンツを駆使したライブパフォーマンスを配信するに留まる形になります!

シンガー果林さんのソロ・オリジナル楽曲の作曲・制作も行っております!

ライブでのサポートギターも担当しております。

ライブチケットのお取り置き等につきましては

→ お問い合わせフォームへ

シンガー果林(かりん) 初のミニアルバム「Myosotis」をライブ会場にて販売!(Track 1~4…The ABEE アコースティックギターでレコーディング参加しております)

【果林 ファーストミニアルバム】
『Myosotis (マイオソーティス)』
・2018年7月28日(土)発売
・5曲入り 1500円
・収録曲
1.Lumina Waltz (作詞:果林/作曲:The ABEE)
2.If it rains… (作詞:果林/作曲:The ABEE)
3.Mammy (作詞:果林/作曲:The ABEE)
4.Up to the heezy sky (作詞:果林/作曲:The ABEE)
5.ちいさなうた (Nobuyoshi Tanaka 制作)

アビーイーを知る

日本は文化や才能が非常に豊かです。実際、日本にはソロアーティストだけでも音楽を作れるすごいアーティストが何人もいます。その一人がアビーイーです。

アビーイーは札幌出身の日本人シンガーソングライター。国内で活躍している新進気鋭のアーティストとして、この有望なシンガーについてもっと知りたいと思うかもしれませんし、彼のアカウントをどこで購読できるのかを知りたいと思うかもしれません。

このサイトへようこそ!この素晴らしいアーティストの才能をもっと知ってみませんか?

アビーイー: バイオグラフィー 

ジャンルは主にポップスに傾いている地味なシンガーソングライターであるアビーイー。彼は自分の音楽にとても情熱を注いでいます。実際、彼は定期的に新曲を作り、それをレコーディングし、ライブで披露して観客に評価してもらうことを決めています。

ポップス以外にも、彼の曲はキャッチーなものからマニアックなものまで、観客のために作曲したものであれば何でもいい。ライブでは、自分で作ったエレアコとバンドサウンドのプレレコーディングをしながら歌います。

彼の人生や音楽、昔の写真などについて詳しく知りたい方は、彼のバイオグラフィーページをご覧ください。

ディスコグラフィー

アビーイーは彼が作る音楽をとても誇りに思っています。実際、彼はそれらを演奏し、録音し、すべてのオーディエンスが鑑賞できるようにアップロードしている。2016年にキャリアをスタートさせて以来、彼はすでに多くの曲をリリースすることに成功している。

それを聴くことで、リスナーは彼の音楽性、コンセプト、そして彼が作るクラフトに才能を注ぎ、共有する彼の言葉に感銘を受けるだろう。今、彼のシングルやアルバムは、現在、次のようないくつかの音楽プラットフォームで利用可能な見られるかもしれません。

  • アップルミュージック
  • アイチューンズ
  • スポティファイ
  • ユーチューブ
  • グーグルプレイ
  • サウンドクラウド
  • アマゾンプライムミュージック

彼の音楽について詳しく知りたい方は、ディスコグラフィーのページをご覧ください。

ライヴ・ショー

アビーイーはすでに国内のいくつかのイベントやギグで見られるようになっています。彼は自分自身と彼の情熱を表現するために、より多くの音楽を創造することを止めないので、今後もライブパフォーマンスを予定しています。彼がこれまでに行ったライブの詳細については、ライブショーのページをご覧ください。

お問い合わせはこちら 

アビーイーが提供できることはたくさんあります。約束されたように、彼は作曲ができ、歌うことができ、楽器を上手に演奏することができる。それを考えると、個人的に彼のライブを見るという選択肢もあるかもしれません。その際には、チケットのお問い合わせについてメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

それ以外にも、アルバムのお問い合わせ、コンサートの感想、アビーイーについての質問など、お気軽にお問い合わせください。できる限り対応させていただきます。お問い合わせフォームを送信するには、お問い合わせページに記載されている詳細を参照してください。